ホーム > ニホンジカ

ニホンジカ

長陽村の黒川に懸かる数鹿流ヶ滝の名は、「下野の狩」の際、追い詰められた鹿が数頭滝に落ちて流されたことに由来しているといいます。また、ほかにも鹿洗(長陽村)の地名や狩に関する古い記録から、かつて阿蘇には広く生息していたらしいが、今日では南外輪山久木野村から高森町にかけての森林にわずかに生き残っているだけで、ときにタケノコやそばを食害したりしています。


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP