ホーム > ネナシカズラ

ネナシカズラ

概要

和名:根無葛 学名:Cuscuta japonica

ヒルガオ科ネナシカズラ属 1年草寄生種
春に発芽した後、地中に長い根を伸ばし寄生する植物をに接触すると吸盤で養分をとって生育します。
茎は、針金状の蔓となり葉緑素を持ちません。
花は白い鐘型で、4㎜程で先端は5裂します。
果実は蒴果となり、3㎜ほどの黒い種子が内包されています。

季節(開花期)

8~10月

環境

中国、朝鮮、アムール地方
日本全土
山地、草原、荒れ地に生育しています。

利用

熟す前の蒴果を採取し陰干し後、種子を取り出します。

  •  生薬名 菟糸子(としし)

薬効

  •  内服 滋養強壮、強精、遺精、夜尿症、淋病、
  •  外用 あせも、にきび、そばかす、白癬、面疔

食用

  •  薬用酒として滋養強壮や強精、膝・腰の冷えなどに効果があるとされています。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP