ホーム > ハシブトガラス

ハシブトガラス

概要

体長560mm
全身が光沢のある黒色をしており、雌雄同色です。
元々は森林に住むカラスで、現在も山間部など森林地帯に広く分布していますが、近年日本では都市部において急速に分布を拡げました。
魚をはじめ、動物の死体、小動物、果実、人の出す生ゴミなど雑食性で、自然界の掃除屋です。
樹上に枝を集めて椀型の巣をつくりますが、鉄塔など人工物にも架けることもあり、住宅地や市街地では、針金ハンガーを使うこともあります。
繁殖期以外は群で過ごします。まとまった大木のある森が使われることが多いです。
頭脳が優れていることはよく知られていて、記憶力に優れています。

データ

学名Corvus macrorhynchos
別名嘴太烏
分類カラス科カラス属
原産・分布全国


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP