ホーム > ハス

ハス

薬草としてのハス(蓮)

生育場所

池やハス田で栽培する
溝等で野生状態で生えている時もある

採取時期

10~11月果実が十分熟してから採るが、あまり遅くなると果実が落ちてしまう
(野生のもの以外は所有者の許可が必要)

利用部分

果実(花托が後で大きくなりその上面にたくさんの孔の中に一つずつ果実が入る)

薬効

滋養 強壮

調整法

ハスは茎の頃に1つの大きな果実がついているように見えるが全体は花托が肥大成長してハチの巣のような形に。
薬にするのはその殻の中にある果実だけである。

利用法

果実の堅い殻を割るとなかに種子がある。
10~20g煎じて用いる。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP