ホーム > ハバヤマボクチ

ハバヤマボクチ

概要

和名:葉場山火口 学名:Synurus excelsus

キク科ヤマボクチ属 多年草 草丈 100~200cm
株元近くの葉は葉長10~20cmの心形で茎につく葉は互生し粗い鋸歯があります。

季節(開花期)

8~10月
分枝した先に暗紫色の頭花を咲かせます。
花は筒状花で、総苞は球形でくも毛が生えます。
果実は瘦果となり冠毛は基部に合着しています。

環境

朝鮮
本州、四国、九州
山地の日当たりの良い草原に生育しています。
和名の葉場山は山地の草刈り場のことで、火口とは火種にするための綿毛を意味します。

利用

全草を乾燥させたものを利用します。 生薬名:小薊(ショウケイ)

薬効 

  •  内服 強壮、利尿、止血、消腫
  •  外用 

食用

  •  特になし

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP