ホーム > ヒメウズ

ヒメウズ

概要

キンポウゲ科
繊細な多年草で、地下に塊状の地下茎(塊茎)を形成します。
地上の植物体は草丈が10-30cm、花茎が根出葉より伸び、長い葉柄は表面に細かな毛があります。
小葉はそれぞれ2~3に裂け、成長する更に裂けます。
葉身全体としてはほぼ円形。葉はつやがなく、柔らかい。また紫色を帯び、特に裏側は紫色になる。葉の表、まれに小葉の基部近くに白い斑紋がでます。
茎葉は基本的には根出葉に似ていますが、その基部が茎を抱き、柄が斜めに出ます。
また上に行くにしたがって小さく、幅狭く、葉柄が短くなります。花茎にも葉柄と同じく細かい毛が密生しています。

季節

先端に向けて枝を出し、花をつけます。花は3~5月頃、長さ5-6mm、白くて時にやや赤みがあります。花弁に見える部分は萼片で、楕円形で五枚が下向きに抱えるように開きます。
その内側に長さ約2.5mmの花弁があります。それらの基部には短いながら距があって萼片の間から上に出ており、このような構造はほぼオダマキ属と似ています。
雄しべは9~15、雌蘂は離生して2~5個で、果実は熟すると上を向き、内側に向いた真ん中から割れて開き、種子が顔を出します。種子は卵形で長さ1mm、黒くて横皺があります。

環境

中国、朝鮮南部、日本に分布する。
日本では関東以西の本州、四国、九州の暖帯域に分布し、人里の畑や道ばた、石垣などに生えます。やや湿った日陰、木漏れ日程度のところに多い。人里でなくとも、山間部でも谷筋や林道脇に出現することがある。タニギキョウなどと一緒に見られることもある。

利用

漢方では「天葵」と呼んでおり、全草を解熱・利尿に用いています。
日本では、根を中風や疥癬などに用いるとあります。
プロトアネモニンという有毒物質を含むため、基本的に食用にはできません。

画像


INDEX:?

カテゴリ : 阿蘇の自然

このページのURL:

TOP