ホーム > ヒメシロチョウ

ヒメシロチョウ

概要

白色で、細い翅を持った可憐なシロチョウの仲間。
翅開張4.5cm、年3回(4月中旬~10月上旬)発生し前翅に黒紋があるが、個体によっては紋の色が薄くなります。
東日本の河川の堤防や、田畑の土手、草原などで見られますが、分布はかぎられた地域のみです。
近畿地方、四国には見られず、中国地方でも近年は確認されていません。
九州では、阿蘇・九重の高原地帯にのみ生息し、阿蘇では外輪山東南部に多い、
草原上を低く飛び、いろいろな花で吸蜜する姿や地表で吸水することもあります。
幼虫はツルフジバカマ、カラスノエンドウ、ビロードクサフジなどを食べます。

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP