ホーム > フェーン現象

フェーン現象

概要

山から吹き下ろす乾燥した熱風。アルプス山中の局地風の名称が気象学に取り入れられ現在、一般用語となっています。風上側の山の斜面を吹き上げる空気が温潤断熱減率(100メートルにつき約0.5度)で冷却し、風下側を吹き下ろす時に乾燥断熱減率(100メートルにつき約1度)で昇温するために起きます。日本海で低気圧が発達し、強い雨風が本州の中央山脈を越えフェーンとなって日本海側に吹き下ろします。
熊本では「肥後の東風」と呼ばれており、阿蘇連峰を吹き下ろす東風がフェーンとなります。主に八月に多く、熊本の夏の暑さの一因となっています。


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP