ホーム > フジハナヤスリ

フジハナヤスリ

概要

ハナヤスリ科
年に1~3枚の葉を出します。
栄養葉は長楕円形~広卵形で先端は鋭~鈍頭で基部は切形で短い柄をもっています。
葉質は薄い紙質~草質。胞子葉は栄養葉よりも細長くなっています。
胞子嚢穂の長さは2~4.5cm、胞子は球形の四面体型で、初夏に熟します。

季節(開花期)

3~5月

環境

本州(関東以西)四国、九州、琉球、小笠原。
国外では東アジア、南アジア、東南アジア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オセアニア。暖温帯に分布し、山地の林床や林縁、原野に多い。

利用

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP