ホーム > ヘチマ

ヘチマ

薬草としてのヘチマ(糸瓜)

生育場所

畑や庭先に植えられる

採取時期

ヘチマ水を採るには夏の生育が盛んなときが良い

利用部分

茎の切断面から流れ出る液

薬効

化粧水 鎭咳 利尿

調整法

茎の地上部30~50㎝のところをきりとり根に連なるほうの切り口をきれいに洗ってよく乾かしておいたビンの中に入れビンの口はビニールなどで包んでおく。
1日に1~1.5lくらいは採れる。
秋になって果実が熟してから茎と切っても液の量は少ないからしばらく静かに置いて上澄みをとる。

利用法

咳止めや利尿の目的にはそのまま冷蔵庫に保存しておき、50~100mlを飲むが長くおくのはよくない。
化粧水は約ホウサン1%グリセリン2~4%くらい加える。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP