ホーム > ベニバナボロギク

ベニバナボロギク

概要

和名:紅花襤褸菊 学名:Crassocephalum crepidioides

キク科ベニバナボロギク属 1年草 草丈 30~60cm
茎は直立させあまり分岐はしません。
葉は濃緑色で、互生します。
下部の葉は大きく羽状に切れ込みがありますが、上部の葉は長い倒卵形で鋸歯があります。
花は茎頂と、いくつかの分枝の先に基部は白く、先端が濃桃紅色の筒状花の集合体を下向きに咲かせます。

季節(開花期)

8~10月

環境

本州、四国、九州
山地の空き地などの日当たりの良い場所に生育しています。

利用

全草を乾燥させ、煮出したものを使用します。

薬効 

  •  内服 利尿
  •  外用 

食用

  •  若い芽や葉柄を摘み取り、熱湯で茹で水にさらします。
    春菊の様な味と香りがあり、胡麻和え、天麩羅に利用できます。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP