ホーム > マツカゼソウ

マツカゼソウ

概要

和名:松風草 学名:Boenninghausenia albiflora var. japonica

ミカン科マツカゼソウ属 多年草 草丈50~80cm
葉は羽状複葉で、互生します。小葉は長さ1~3cmの倒卵形で薄く、裏面は
白くなります。葉には油点(揮発性の油がたまった線点)があり独特のにおいがします。

季節(開花期)

8~10月
茎の先に集散花序を形成し、多数の白い花を咲かせます。
花弁は4つで花弁の長さは4㎜程、雄蕊は7~8個で雌蕊は1個です。
果実は蒴果で種子は1.5㎜程の卵形です。

環境

中国、台湾、インド、ネパール、東南アジア
北海道、本州、四国、九州
山地の林内に生育しています

利用

薬効

開花期(10月)に全草を採取し風通しの良い場所で陰干しします。

  •  内服
  •  外用 筋肉痛、神経痛
    乾燥した全草を粉砕し、ホワイトリカーに浸し1月待ちます。液をガーゼに浸し患部に塗布します。

食用

不可

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP