ホーム > マンネンタケ

マンネンタケ

薬草としてのマンネンタケ(万年茸)

生育場所

山地や丘陵の常緑林内
広葉樹の立ち木の根元や切り株に生える

採取時期

9~12月キノコがせいちょうしてから

利用部分

子実体(俗にキノコといっている)

薬効

神経衰弱、不眠症、慢性肝炎、悪性腫瘍

調整法

マンネンタケ木材腐朽菌だから広葉樹の切り株などについている

利用法

小さくきざみ 煎じて飲む

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP