ホーム > ミズオオバコ

ミズオオバコ

概要

和名:水大葉子 学名:Ottelia alismoides

トチカガミ科ミズオオバコ属 多年草 草丈 10~30cm
主に水田、水路、溜池などで生育する水生植物です
柄のある披針形~広卵形の葉をつけ、水深や成長の度合いにより葉の大きさや色が変化します。
花は水上に向かって花茎を直立させ、水面上で白い3枚の花弁をもつ花を咲かせます。
果実は開花後、花茎を水中に沈め熟します。
熟すと子房のみが浮上し水面に散布され周囲に拡散されます。

季節(開花期)

8~10月

環境

アジア温帯域、オーストラリア
日本全土

利用

特になし
生薬名:

薬効 特になし

  •  内服 
  •  外用 

食用 特になし

  •  

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP