ホーム > ミズタビラコ

ミズタビラコ

概要

和名:水田平子 学名: Trigonotis brevipes

ムラサキ科キュウリグサ属
多年草 草丈10~20cm
短い地下茎があり茎の下部は横に這い上部は直立して伸びます。
茎や葉には微毛が生え、葉は互生して長さ1.5㌢~4㌢の長楕円形、長い柄があり葉先はわずかに尖ります。鋸歯はありません。

季節(開花期)

5~6月
茎の頂端から1本あるいは2本の巻散花序がでます。
花は淡青紫色で、下の方から順に咲きます。
花の直径は2.5~3mm、萼は5深裂して裂片は3角状で先は尖ります。
果実は4つに分果し、熟すと黒褐色になり三角錐形です。

環境

本州、四国、九州
山地の広葉樹林帯の渓谷沿いや湿った林床に生育しています。
よくワスレナグサと間違われますが、阿蘇にはワスレナグサ(帰化)はありません。

利用

薬効

  • 不明

食用

  • 不明

画像

参考

阿蘇デジタル博物館


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP