ホーム > ミツバコンロンソウ

ミツバコンロンソウ

概要

アブラナ科タネツケバナ属
草丈10~20cmの多年草で、茎は直立し、無毛で稜があります。
下部のものは退化し、上部の葉は互生し3枚葉。小葉は卵状披針形で長さ1~4cm、先は鋭く尖り、粗い鋸歯があり、表面に短毛があります。

季節(開花期)

4~5月

環境

本州の関東以西、四国、九州に分布し、山地の林内や林縁などに生える多年草

利用

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP