ホーム > ミヤマウズラ

ミヤマウズラ

概要

和名:深山鶉 学名:Goodyera schlechtendaliana Reichb. fil.

ラン科シュスラン属 多年草 草丈10~25cm
茎は薄い緑色で数枚の葉が下部に互生します。
葉は葉長2~5cm、葉巾1~3cmの卵形で先端が尖り、表面には和名の由来となった鶉模様の白い斑紋があります。
花は長さ5~10cm程の花茎の先に穂状の花序を形成し、一列に並んで咲きます。
花弁は1cm程で、白~薄紅色、全体に毛が密生し先端に黄褐色の斑点があります。

季節(開花期)

8~9月

環境

北海道、本州、四国、九州 南西諸島
山地の林内の湿り気のある場所

利用

  •  不明

薬効

  •  内服 
  •  外用 

食用 

  •  不明

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP