ホーム > ヤブツバキ

ヤブツバキ

概要

常緑の小高木です。高さ5~6mほどになります。時に10m近くに成長することもあります。
幹は、灰褐色で滑らかで、早春から春にかけて径5~7cmほどの赤色の5弁花を多数つけます。
花弁は平開せず漏斗型です。稀に花色が淡紅色や白色になるものもいます。
葉は厚く、表面に光沢があります。
果実は緑色で径2~2.5㎝の球形、熟すと裂開して褐色の種子を出します。
種子からは椿油を採取します。

データ

学名Camellia japonica L.
別名
分類ツバキ科ツバキ属
原産・分布東北以西の暖地
用途灯明・薬・化粧


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP