ホーム > ヤブニッケイ

ヤブニッケイ

概要

常緑の高木で、樹高は15mほどになります。
ニッケイ(肉桂)同様に芳香があるもののニッケイほどでは無く、つまらないということでヤブが付きました。
葉は疑似対生。葉身は長楕円形あるいは卵形、両面無毛で、表面は光沢があります。
縁は全縁で、波状になることもあります。葉脈は、3主脈が大きくなります。

データ

学名Cinnamomum japonicum
別名マツラニッケイ(松浦肉桂)、クスタブ、クロダモ
分類クスノキ科クスノキ属
原産・分布本州(福島県以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮(済州島)、中国
用途庭木、建築・家具・器具


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP