ホーム > ヤマザクラ

ヤマザクラ

概要

高さ15〜25mになる落葉高木で山林に普通に見られます。
樹皮は紫褐色または暗褐色で横長の皮目が多く見られます。
葉は互生し、葉身は長さ8〜12cm、幅3〜5cmの長楕円形〜卵形です。
葉の展開とほぼ同時に開花し、前年枝の葉腋に淡紅色の花が散房状に2〜5個つきます。
花は直径2.5〜3.5cm。花弁は5個、長さ1.1〜1.9cmの円形〜広楕円形で先端は切れ込みます。
果実は核果で、直径7〜8mmの球形をしており、5〜6月に黒紫色に熟します。花期は3月下旬〜4月中旬頃です。

データ

学名Cerasus jamasakura
別名
分類バラ科サクラ属
原産・分布本州(宮城県以西)、四国、九州、朝鮮
用途庭木、公園樹、建築、家具、楽器、彫刻、樹皮を細工物


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP