ホーム > ヤマハッカ

ヤマハッカ

概要

和名:山薄荷 学名:Rabdosia Inflexa

シソ科ヤマハッカ属 多年草 草丈30~50cm
茎はやや斜上した4稜形をしており毛があります。
葉は長さ1~3cmの葉柄のさきに3~5cmの広卵形で対生します。
葉縁には鋸歯があります。

季節(開花期)

9~10月
秋に細長い穂状の花序を形成し、長さ1cm程の青紫色の唇形花をつけます。
上唇は4裂して上を向き、下唇は前方に突き出すように付き、内側に巻いています。
雄蕊は4つ、萼は5裂します。
果実は4分果で、種子は1~1.5㎜で熟すと褐色になります。

環境

中国、朝鮮
本州、四国、九州

利用

薬効

特になし

  •  内服 
  •  外用 

食用 

特になし

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP