ホーム > ヤマルリソウ

ヤマルリソウ

概要

ムラサキ科
茎は直立し10~20cm、多年草で根際から生える葉はへら形でロゼット状に広がり茎や葉に短い毛が生えていてざらつきがあります。
茎につく葉は小さな楕円形で茎を抱き、互生となります。

季節

4~5月
花径は1cmほどで、花の色は淡い青紫色になります。
花の色は変化し、蕾や咲き始めは赤みを帯びています。
花冠は5つに深く裂け横に開きます。
雄しべは5本、雌しべは1本です。
花の後にできる実は複数の小房からできた果実で4つに分かれています。

環境

日本の固有種で、本州の福島県から九州まで広く分布しています。
産地の林の中や林の縁に生育しています。

利用

本種の仲間でこの属を代表するルリソウは、美しいので江戸時代初期には観賞用に植栽されていたようです。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP