ホーム > 中岳

中岳

中央火口丘群の中央に位置することから中岳と呼ばれています。
火口縁から直接火口内を見ることができ、海外からも多くの観光客が訪れています。
火口西側へはロープウェイや車道が通じているので、「ハイヒールのままで火口が覗ける」といわれています。
昭和天皇も、かつて火口を御行幸なさいました。
その噴火口は長さ約1,1キロメートル、幅400メートルの耳型で、大小7個の火口が並んでいます。現在活動しているのは第1火口です。
火口近くにある阿蘇山測候所では常時火山活動を監視し、火山ガスの発生状況に応じて規制区域を設けるなど防災体制をとっており火山活動が活発な場合は火口周辺が立ち入り禁止になります。

火口展望所は仙酔峡から上がる東側にもあります。

写真


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP