ホーム > 九州東海大学

九州東海大学

概要

私立。本部:熊本校舎・熊本市大江町渡鹿223、阿蘇校舎:阿蘇郡長陽村河陽。昭和39年(1964)東海大学短期大学部(熊本)として現在地に電気科、機械科で開設。46年建設工学科を増設、48年九州東海大学となり、工学部に電気工学、機械工学、建設工学の3学科(建築・土木の2課程)を設置しています。同年阿蘇郡長陽村に阿蘇校舎を建設し、主に教養課程に使用しています。51年に建設工学科を建築学科と土木工学科の2学科に分離、さらに経営管理学科を増設して5学科となりました。55年県民の要望にこたえ農学部(農学科、畜産学科)を開設。これに伴い熊本校舎に最新鋭コンピューター、視聴覚設備、語学センターを完備した本館を完成、阿蘇校舎に農場、実験実習館(解剖棟)動物舎、陸上グラウンドが完工しました。建学の精神は、人道主義・人格主義の教育であり、他人を愛し、社会を愛し、世界を愛し得る幅の広い人物の育成に努めています。


カテゴリ : 阿蘇の施設
索引 :

このページのURL:

TOP