ホーム > 九州横断道路

九州横断道路

概要

別府ー阿蘇ー熊本ー三角ー島原ー雲仙ー長崎の中九州を横断する道路です。
総延長約300㎞。道路公団の有料道路「別府阿蘇道路」と国道57号線を主な路線としています。別府、阿蘇、雲仙など、我が国が誇る観光地を結んでいるので、九州を代表する国際観光ルートとして利用されています。このコースで特に観光客の目を楽しませる区間は、阿蘇国立公園を縦断する「別府阿蘇道路:通称やまなみハイウェイ」です。
道路公団の手によって昭和35年(1960)10月に着工、九重の山岳地帯と火山灰土の悪条件を克服し、4年後の39年10月3日に開通を見ました。延長52.3㎞、幅員5.5m、総工費約20億円。
九重山群や阿蘇五岳を仰ぎ見ながら標高1,000m級の、広大で優美な草原や森林地帯を縫うように走ることができる九州屈指のドライブコースともなっています。
やまなみハイウェイとういう愛称で呼ばれていますが、高速道路ではありません。

画像


カテゴリ : 阿蘇の施設
索引 :

このページのURL:

TOP