ホーム > 便所で時鳥の鳴き声を聞くと、必ず大病になる

便所で時鳥の鳴き声を聞くと、必ず大病になる

便所で時鳥(ほととぎす)(タンタンタケジョ)の鳴き声を聞くと、必ず大病(たいびょう)になるか死人がでるなどの難があり、それを逃れるために唱える。また、時鳥の初声を聞くのを嫌い、それを避けるために唱えればその年の難を逃れる。さらに、初音を座って聞けばその年は楽に暮らされ、寝て聞くとその年は病(やまい)多(おお)く、便所で聞くのが一番悪いとされる

唱え方

ホトトギス今日は初音(はつね)と思うなよ、昨日もきいた今日の古声」(宮地・乙姫)

ホトトギス今日は初音と思うかよ、聞き知りきいた今日の古声」(宮地)

「ホケケヨわれは初音と思うかや、昨日も聞けば今日の古声」(北坂梨)

参考

くらしのあゆみ 阿蘇 -阿蘇市伝統文化資料集-



カテゴリ : 生活
索引 :
関連語句 : 唱えごと

このページのURL:

TOP