ホーム > 健磐龍命

健磐龍命

健磐龍命(タケイワタツノミコト)

阿蘇の神話や民話で語り継がれている人物。

民話

阿蘇と健磐龍命

 神武天皇は孫の健磐龍命を九州を治めるために遣わしました。健磐龍命は九州の中心は阿蘇だから阿蘇に本拠を置こうと考え、宮崎に上陸され阿蘇へ進んできました。

 先ず高森町の草部に着き吉見神の娘の阿蘇都姫(アソツヒメ)と結婚しました。
 その頃阿蘇は湖だったので何とかして水を流しだして広い田畑を作ろうと考え、産山に進んできました。そこで子供が生まれたので産山と地名をつけました。更に外輪沿いに西に進み二重峠をけって見ましたが二重だから破れません。そこで立野まで進んで精一杯の力をこめてけりました。
 すると音を立てて破れ水はごうごうと流れ出しました。けれども最後になってなかなか水がひかないので上流を調べてみると巨大な鯰が水をさえぎっていました。
 健磐龍命はこの鯰を退治したという。流れついた鯰の巨体を運びだすのに6荷あったと言うことから六箇という地名もついた。
 また鯰が水の出口を塞がぬように命が鯰の鼻にカズラを通して一の宮町尾籠の大岩につないだので、その岩を「鼻ぐり岩」と言うようになった。また鯰は大暴れして流れくだり、川が濁ったことから黒川というようになったそうです。
 又、湖のみずが流れ出した時に滝から数頭の鹿が流れたので「数鹿流れ滝」という名がついたと言われています。水が引いた後、長い年月の間に浸食されたり、人々にかいたくされたりして、肥沃な盆地になり、阿蘇町、一の宮町、高森町など栄えて今に至って、私どもが住んでいるのです。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

TOP