ホーム > 古閑の滝

古閑の滝

概要

阿蘇市一の宮坂梨(さかなし)外輪山から内側へ落ちる古閑の滝は、冬の北風に吹かれて凍り付いてしまうことで
有名。
男滝(落差80メートル)、女滝(落差100メートル)の2つの滝に分かれており、厳冬期(げんとうき)には厚い氷がはりつめる。ふもとからは凍り付いた滝が(なが)められ、阿蘇の冬の代表的風景で知られている。
凍結(とうけつ)期間中の土、日曜には、夜間ライトアップも行われて、さらに幻想的(げんそうてき)な情景を演出(えんしゅつ)しています。

所在地情報

標高660m 北緯32° 55′ 21″ 東経131° 8′ 40″(60進法表記)

画像

映像

当コンテンツをご覧いただくには、最新のFlash Playerが必要です。Get Adobe Flash player


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP