ホーム > 坂梨宿場の力士たち

坂梨宿場の力士たち

豊後街道が通る坂梨地区は、江戸時代には宿場町として栄え、藩主が宿泊休息をとる御茶屋をはじめ、旅人宿・木賃宿・酒造業・薬屋医者等の屋号もちの家が約50数軒、軒を連ねました。
坂梨宿場の繁栄の中で、同地区の馬場八幡宮秋の大祭で開催される相撲大会では、阿蘇郷を始め、熊本各地から大勢の力士たちが集まりました。設置された貴賓席のすだれ奥には大相撲の本家・吉田司家当主も度々観覧されたと伝えられています。
この度、坂梨地区の活動として地域に残る墓石を調査したところ、これまでに四人の力士がこの地から生まれていたことが分かりました。 

更に調査を進めると力士の一人阿蘇森傳治(あそもりでんじ)については、享和(きょうわ)二年(1802)五月の大阪相撲番付表で西方前頭十二枚目として掲載されている事も分かりました。
坂梨宿場の力士たちは、農閑期を利用して村々の草相撲巡業に参加し、その中から力をつけた者が大阪相撲、京都相撲、江戸相撲の三都を目指したものと思われます。
坂梨小学校相撲部の児童も大会などに際してお参りしており、先輩力士の活躍を偲びつつ、日々の練習に励んでいます。

写真

阿蘇森傳治の墓

参考

~文化財を大切に~  みんなで護ろう文化財


カテゴリ : 文化・歴史
関連語句 : 指定文化財リスト

このページのURL:

TOP