ホーム > 夜中に何かある時、たとえば火事や盗人(ぬすっと)が入ったり

夜中に何かある時、たとえば火事や盗人(ぬすっと)が入ったり

夜中に何かある時、たとえば火事や盗人(ぬすっと)が入ったりした時にすぐ目覚めるように就寝前(しゅうしんまえ)に3度唱え、後に「アブラオンケンソワカ」とつける。襲(おそ)われるおそれがある時にもこれを唱える。また、北坂梨では親指をこの時3度噛んで唱える

唱え方

「寝るぞ、ねだ、頼むぞ垂木、梁柱(やなばしら)」(宮地では梁屋中(はりやなか)、北坂梨ではサス屋中)

「何事あらば起こせ棟(むね)の木」(宮地)

「寝るぞねだ、頼むぞ屋中竹(やなかだけ)」(永草では床の意で巾中竹(はばなかだけ))

「何事あらばおこせ棟の木」(宮地)

参考

くらしのあゆみ 阿蘇 -阿蘇市伝統文化資料集-



カテゴリ : 生活
索引 :
関連語句 : 唱えごと

このページのURL:

TOP