ホーム > 宮地の牛舞

宮地の牛舞

宮地を中心とした一の宮町で舞われてきた牛舞は、阿蘇神社に奉納されてきたものです。この牛舞は春は豊作祈願、秋は豊年踊りとして、阿蘇神社の宮司である阿蘇家や、宮地の各地区を舞い回る習慣がありました。特に宮地の泉・牟田口・塩井川などでは古来より阿蘇神社の農事に深い関係があるとされ、昭和36年に県の重要無形民俗文化財に指定されました。しかし、次第に舞手となる青年が減ったことで後継者が不足するようになり、牛舞が舞われない状況が続きました。

その後、昭和56年に行われた沖縄県の小中学生との交流事業を機に、宮地小学校の児童や教職員により復活を遂げました。現在では同校のクラブ活動として、4年~6年生の子どもたちによる「牛舞クラブ」が郷土芸能の保存・伝承に取り組んでいます。

写真

参考

~文化財を大切に~  みんなで護ろう文化財


カテゴリ : 文化・歴史
関連語句 : 指定文化財リスト

このページのURL:

TOP