ホーム > 急行阿蘇号

急行阿蘇号

概要

昭和25年(1950)1月1日のダイヤ改正で新設された急行列車です。
それまで熊本からの東京行き直通列車は鹿児島始発の「きりしま号」1本でしたが「阿蘇号」の登場で輸送力は増強され、熊本の代表的な列車となりました。
石炭産業最盛期の脚光を浴びた筑豊の乗客を含め、東京方面へ向かう人々で車内は混雑していました。36年に運転区間が博多経由名古屋まで、50年には新大阪までと短縮され、利用客の減少とともに55年10月のダイヤ改正で姿を消しました。


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP