ホーム > 押戸石山

押戸石山

概要

押戸石山(オシドイシヤマ) 標高845m

阿蘇北外輪山大観峰から小国方向へ国道212号を北上し唐笠松から西へ折れて進むとマゼノ渓谷がある、その南側に広がる草原の中に押戸石山があります。
小高い丘陵に大小数十個の巨石が散在し、その中で、最大のものは高さ5メートル、周囲は10メートル、伝説では鬼たちが夜な夜なこの山でいしなご(お手玉)をして遊んだ石といわれています。毎年4月29日には地元の人たちによる「押戸石祭り」があり神事が行われます。

画像

参考

南小国町


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP