ホーム > 旧永水村

旧永水村

概要

旧藩時代、旧永水村地域は内牧手永に属していました。
明治7年(1874)には第11大区第1小区に編入されます。12年に郡区町村編成法が施行されると、永草村は乙姫村など8ヶ村と車帰、無田、赤水の3ヶ村は的石村など5ヶ村と、それぞれ行政区域をともにしました。
22年の町村制施行にともない、黒川村列の永草村と赤水村列の車帰、無田、赤水の3ヶ村が合併して永水村となりました。
本村は大正から昭和の初期にかけての政争の余波を受けて、村政運営に支障をきたしたことがあり、歴代3人の移入村長によって、10年間変則的な村政が行われたことがありました。

参考

阿蘇町のあゆみ

カテゴリ : 行政
索引 :

このページのURL:

TOP