ホーム > 春の七草

春の七草

概要

正月7日の七草粥に用いられる七種の植物です。
鎌倉時代の「河海抄(かかいしょう)」に「(せり)(なずな)御形(ごぎょう)繁縷(はこべら)仏の座(ほとけのざ)(すずな)清白(すずしろ)」と書かれています。セリ(セリ科)は平地や山麓の水湿地に生育します。ナズナ(アブラナ科)は畑地や路傍に生え、多数の小さな三角形の果実をつけます。御形の現代の名はハハコグサ(キク科)、畑地や路傍に生育し、白綿毛に覆われ、黄花をつけます。ハコベはナデシコ科、仏座はキク科のコオニタビラコのことで、休耕田や田植え前の水田に生え、小型で葉は地面にはい、黄花をつけます。菘はカブ、清白はダイコンのことで、ともにアブラナ科です。

由来

「七草」の行事は中国から伝わったともいうが万病を退け、一年中の邪気を払うことを祈るものです。延喜11年(911)に公式にこの粥を天皇に献上して以来、特に江戸時代にはこの日を人日の節句または七草の節句と呼び、五節句の一つとされ、また七日正月、送り正月とも呼ばれ、元旦に次ぐ重要な祝日とされてきました。正月の7日は寒さが厳しく七草を揃えることは容易ではなく、他の野菜で代用することもあります。
七草粥は熊本県内では七草雑炊、七草雑煮ともいわれています。七草を刻むときには、まな板にすりこ木、しゃくし、火ばしなどをのせ、調子をとりながら「七草なずな、唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、とととん、とととん」と歌いますが、その文句は地方により異なります。


カテゴリ : 食べ物
索引 :

このページのURL:

TOP