ホーム > 根子岳

根子岳

概要

根子岳(ネコダケ)

  • 根子岳は、熊本県阿蘇郡高森町にある山です。
  • 阿蘇五岳の一つ。
  • 最高点天狗峰の標高は1,433m。
  • 東峰には1,408.1mの三角点がある。
  • 神様が怒ったために山容がギザギザになったという伝説がある。
    そのギザギザになった姿が猫の形に似ていたから根子岳と名付けられた。
  • 最高点の天狗峰は険しい岩峰で、登山には岩登りの技術を要する。

天狗岩

根子岳の西尾根は東西に伸びる大変幅の狭い岩脈で、登山技術のある人以外は近づき難い岩峰です。
根子岳登山ルートの開発については大正14年(1925)にさかのぼり、山本十郎氏の『阿蘇魂』に次の記事があります。
「昔から根子岳登りは阿蘇山西巌殿寺の僧伽山伏連が修業としての峯入り行事が毎年行われていましたが、その最高峯天狗岩の頂巓にはこの僧伽達も登ったものはないという。
宮様のお声かかりで公爵様がご登山なさるというので、それは大問題で細川邸から高岡家従が下検分のつもりで登ろうと言ってきた。先ず当時の根子岳通の栗林又平さんと寺川繁さん等同行6人で大正14年3月に初めて登り、天狗岩下を南郷のぞきまで行くと「根子岳登りは誰でも此処までですばい」とこれまで絶頂を極めたと称していた繁さんが白状する。一行も此処から上は危険だと言うて登る気分が湧かない。然し又平さんは『(かつ)て山本十郎さんと2人で天狗岩の絶頂を極めたことがある。その時頂上に草鞋が片方落ちていたので誰か登る人があると見えると感服したが、あまり危険だから登ったことを秘していた。その時はたしかに左に廻ったように思うから行ってみよう』と又さんが先頭でやっと絶頂を極めた。足も腰も震えながらも何だか制服でもしたかの様な愉快を感じた」

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP