ホーム > 梅干の唄

梅干の唄

当コンテンツをご覧いただくには、最新のFlash Playerが必要です。Get Adobe Flash player

二月三月花盛り
鳴く鴬に宿貸した
楽しい春も夢のうち
五月六月実に成れば
枝から振るい落とされて
何升何合計り売り
もとより酸っぱい此の身体
塩に浸かってからく成り
紫蘇に染まって赤く成り
七月八月熱い頃
三日三晩の土用干し
思えばつらい事ばかり
此れも世のため人のため
皺はよっても若い気で
運動会にもついて行く
戦と聞いた其の時は
勇む兵士のお伴して
み国に尽くす此の姿

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-



カテゴリ : 生活
索引 :
関連語句 : 昔のうた

このページのURL:

TOP