ホーム > 清正公道

清正公道

概要

豊後街道のうち、菊池郡大津町から阿蘇市二重峠までの道で、加藤清正にちなんでこの名がつけられました。
大津町から北へ、上大津を経て東、阿蘇外輪山のすそ野、高尾野、新小屋などの集落を通り、窪地の多い坂道を約14㎞上り、二重峠にたどり着きます。
道の両脇にあった杉並木は明治の初めに伐採されました。
明治17年(1884)比丘尼谷の難工事により立野火口瀬を抜け熊本から阿蘇に至る新道が開通して以来、交通上の重要性は失われていきました。

カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP