ホーム > 産山村

産山村

概要

産山村は、九州の中央部にあたり、世界有数(せかいゆうすう)複式火山(ふくしきかざん)である阿蘇五岳や、九州の屋根といわれる、くじゅう火山群、祖母山(そぼさん)に囲まれています。
標高約500mから1047mの高原地帯に(ぞく)し阿蘇外輪山久住山麓(くじゅうさんろく)が交わる波状高原(はじょうこうげん)と、その浸食(しんしょく)された急傾斜部分(きゅうけいしゃぶぶん)から構成された高原型純農山村(こうげんがたじゅんのうさんそん)です。
村域は、東西6km、南北10kmで総面積60.60平方キロメートル、その82.7%を山林と原野(改良草地(げんやかいりょうそうち)を含む)が()めています。
産山村は熊本県の最北東端で大分県との県境に位置し、東・南部を大分県竹田市、北西部を阿蘇郡南小国町、西部と南部を阿蘇市にそれぞれ接しています。
また、久住・阿蘇・祖母の三山を一望できることから、徳富蘇峰(とくとみそほう)が、一覧三山台(いちらんさんざんのだい)(しょう)したほど、景観に恵まれた地でもあります。
産山村を大きく分類すると、久住山麓(くじゅうさんろく)(ひら)けた牧草地帯、それより源を発する数条の河川によって開けた谷部の水田地帯、そして平均標高600mの火山灰度に覆われた畑作大地に分けられます。

環境

阿蘇五岳を正面に見ることのできる産山村には、環境省指定名水(かんきょうしょうしていめいすい)の一つ「池山水源(いけやますいげん)」(昭和60年指定)があり、更には熊本名水百選である「山吹水源(やまぶきすいげん)」や、広大な草原など自然景観にも恵まれており、山野には珍しい植物も多く自生しています。
中でも高原の花「ヒゴタイ」は、日本列島が大陸と陸つづきだったことを証明する遺存植物(いぞんしょくぶつ)として、今では環境省(かんきょうしょう)絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に指定されています。
村内に多く自生していたことから、昭和61年度より自然回帰運動(しぜんかいきうんどう)ヒゴタイの里づくり」という村おこしに取り組んできた。
これら一連の施設(しせつ)は体験と交流を促進(そくしん)し、民宿など宿泊施設等(しゅくはくしせつとう)とも連繋(れんけい)し「グリーン・ツーリズム」として村の観光振興(かんこうしんこう)寄与(きよ)しています。

沿革

明治21年(1888)4月「町村制」が発布され、阿蘇郡124ヶ町村にまとまり、波野郷の12ヶ村は波野村と産山村に分離合併。
本村は産山村・田尻村・山鹿村・大利村・片俣村の5ヶ村が合併。産山村となる。

産山村役場所在地

〒869-2703
熊本県阿蘇郡産山村山鹿488-3
北緯32°59′30″ 東経130°13′10″

総人口(2014年12月1日現在)

1,613人 男851人 女762人

世帯数(2014年12月1日現在)

611世帯

総面積

60.72 km²

町の花 ヒゴタイ

参考

産山村

カテゴリ : 行政
索引 :

このページのURL:

TOP