ホーム > 田んぼ

田んぼ

主な作業

田植え

昔は機械等がなく、すべて手作業のため重労働(じゅうろうどう)でした。

田下駄(たげた)

田下駄

湿田状態(しつでんじょうたい)の水田で足が落ちこまないよう田下駄を履(は)き農作業をしました。

田舟(たぶね)

田舟

湿田で堆肥(たいひ)や苗を乗せて田面(たづら)を滑らせて運搬(うんぱん)する道具です。

田植え綱(づな)と尺(しゃく)

尺

田植えを正條植え(せいじょうえ)にするために綱と尺・尺(しゃく)竹(だけ)が使われました。綱は苗を植える目印になり、尺は綱を直角(ちょっかく)に張る道具です。

足踏水車(あしぶみすいしゃ)

足踏水車

水田に川の水を揚(あ)げるため、動力は人力で1人の足踏みで水車を回し、水を揚げていました。木枠(きわく)の間の水を羽根(はね)ですくい揚げるように作られています。

ナエブリ(スッカリ)

ナエブリ

田植えの時、苗代(なわしろ)から水田に苗を運ぶのに使われました。四方から伸びたつり手を結び合わせ、天びんで荷(にな)い運んでいました。

籾摺臼(もみすりうす)

籾摺臼

直径1mもある松の幹を輪切りにし、上下2つを重ね合わせて使います。上の臼に籾を入れて臼を回し、下の臼と摺(すり)合(あ)わせます。籾殻(もみがら)を取るために、摺合う部分に目が立ててあります。

卸(おろし)と万石(まんごく)

卸

稲・麦・アワ・大豆(だいず)・小豆(あずき)などの穀物(こくもつ)を脱穀(だっこく)した後、網目(あみめ)を通して実・チリ・殻(から)などをふるい分けるのに使いました。万石は籾摺り後の玄米(げんまい)と砕米(さいまい)を選び分ける選別器(せんべつき)です。

ブリコ

ブリコ

大麦・小麦・大豆・小豆など打ちあやすときに使います。

穀物や草などの刈り取りに使います。

糸車(いとぐるま)と織機(はた)

糸車と織機

繭(まゆ)から生糸(きいと)を取るとき、糸車を利用し生糸(きいと)を原料として絹織物(きぬおりもの)、木綿(もめん)を原料とした木綿(もめん)織物(おりもの)(反物(たんもの))を作っていました。

その他

参考

くらしのあゆみ 阿蘇 -阿蘇市伝統文化資料集-


カテゴリ : 生活
索引 :

添付ファイル: fileat11.jpg 550件 [詳細] fileat10.jpg 552件 [詳細] fileat09.jpg 577件 [詳細] fileat08.jpg 584件 [詳細] fileat07.jpg 568件 [詳細] fileat06.jpg 587件 [詳細] fileat05.jpg 571件 [詳細] fileat04.jpg 629件 [詳細] fileat03.jpg 616件 [詳細] fileat02.jpg 610件 [詳細] fileat01.jpg 619件 [詳細]

このページのURL:

TOP