ホーム > 端午の節句

端午の節句

概要

五節句の一つ、5月5日の節句で男の節句です。
唐の時代に日本へ伝来し、江戸時代に普及しました。菖蒲や(ちまき)の風習も唐からの伝来です。人吉市田野ではあくまきを作ります。
鯉のぼりや矢旗は後世普及したもので、もとの姿は宇土市網田のように着物を贈り、それを竹竿に垂れ下げる程度でした。
昔は女性を祝福したようで御田祭りの歌に「5月5日は若菖蒲(中略)植て賜や早苗乙女」とあります。現在はこどもの日で、国民の祝日となっています。


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP