ホーム > 笹倉永迫遺跡

笹倉永迫遺跡

笹倉永迫(ナガサコ)遺跡

ここは唯一本格的な発掘調査が行なわれた遺跡です。

広域基幹林道阿蘇東部線の整備事業に伴って調査が行なわれ、今から約2万1千年前の旧石器時代のナイフ形をした石器が発見されました。この調査で波野地区に古くから人々が生活していたことが明らかにされました。

また考古学的調査と並行して地層に含まれる花粉などの植物遺体の分析がされました。その結果、今から約1万3500年前から現在までススキ属の草原が継続していたこと判明し、阿蘇の草原の起源に迫る大きな発見でした。

笹倉永迫遺跡のナイフ形石器(旧石器時代 約2万1千年前)
笹倉永迫遺跡』波野村教育委員会2002年より

参考

~文化財を大切に~  みんなで護ろう文化財



カテゴリ : 文化・歴史
索引 :
関連語句 : みんなで護ろう文化財

このページのURL:

TOP