ホーム > 結婚式

結婚式

 結婚は人生最大の慶事(けいじ)です。
「共に白髪(しらが)のはえるまで」と、その結婚にピッタリの言葉として古くから言い伝えてきました。
人生最大の慶事として、阿蘇では大事な娘を嫁(よめ)として迎えるために、婿方(むこがた)は出来うる限りの礼を尽くして、めでたい日を迎えるべく大変な努力をしました。

 現在は、憲法の定めにより自由に簡略化(かんりゃくか)されました。しかし、私たちの先人が結婚について踏襲(とうしゅう)してきた儀礼(ぎれい)を、今一度振り返ってみるのも大事なことではないでしょうか。

仲人(なかうど)

 阿蘇では「ナカダチ」といいます。「ナカダチするよりさか立ちせよ」といわれるほど、苦労の多い大きな役目です。のちには新夫婦の「ケンカ」「別れ話」などの仲裁役(ちゅうさいやく)等の責任もあり、「ナカダチするよりさか立ちせよ」のいわれがよくわかります。嫁をもらう方の親から、先方(せんぽう)(嫁方)にも顔のきく適当な人に酒1升をもって頼みに行きます。仲人は先方の親と会って内諾(ないだく)を得ると、娘方の方からも仲人をたててもらいます。

正式の申し込みの前に両仲人は「シタヅクリ」「クチギキ」などを行い、これで十分と見て正式の申し込みとなります。1回の交渉で成立することはなく、普通2~3回です。娘を嫁にやる気があっても大事な娘は簡単に嫁にやれぬ、娘をおもう親心、親の威厳(いげん)もちょっとは見せねばなりません(恋愛・見合いの場合も同様です)。

済樽(すみだる)

娘方と数回の交渉で承諾(しょうだく)の返事をもらうと、仲人は酒肴(さけさかな)を整え娘方へお礼に行きます。これを「スミダル」「タルイレ」といいます。

親(おや)の礼(れい)

「オヤノレイ」「オヤンリ」といいます。済樽が終わると、数日後に婿方(むこがた)の両親親族の代表者が酒肴を整え、餅(もち)・赤飯(せきはん)を重箱(じゅうばこ)に詰め仲人と共に娘方へお礼に行きます。善は急げ、せっかくの縁談(えんだん)がこわれないように祈りにも似た親の温かい心です。

礼婿入(れいむこい)り・婿逃(むこに)げ

済樽が終わって挙式(きょしき)までの日数が長くなると「レイムコイリ」をします。これが済むと娘のところへ通ってもよくなります。また、礼婿入りの時、婿は吸(す)い物(もの)の蓋(ふた)をとると、一目散(いちもくさん)に逃げ帰ります。これを「ムコニゲ」といいます。

樽入(たるい)れ

「タルイレ」は結婚式の前日に行われます(現在の結納)。
時代や家庭によって品は異なりますが、一般には帯(おび)・末広(すえひろ)(センス)・お茶・済樽・肴(芽出鯛(めいでたい))・傘(かさ)・履物(はきもの)・反物(たんもの)等、これに子生婦(コンブ)・勝男武士(鰹節(かつおぶし))・友志良賀(トモシラガ)・寿留女(スルメ)などがめでたい名として加えられました。
この日婿方が嫁の家におもむき、「タンス取り」といって荷物を引き取ります。
いわゆる嫁入(よめい)り道具でタンス・タライ・布団(ふとん)・鏡台(かがみだい)などで、他村からの場合は馬車(ばしゃ)・馬・牛で運ぶこともありました。
「どうかどうか、あすこの嫁入り道具の多さ」と娘に対する精一杯の愛情でした。
挙式・披露(ひろう)宴(えん)に備えて両家とも障子(しょうじ)・ふすまの張替(はりか)えや畳替(たたみが)え、料理の準備に追われ、ムラでは祝儀(しゅうぎ)の加勢(かせい)といって祝儀の前後3日間の夜は夜更(よふ)けまで続きました。3日目の夜は女座(おんなざ)といって女ばかりを招き、その労をねぎらったものでした。
「田舎(いなか)に他人なし」の古き良き時代でした。

かね付(つ)け祝(いわ)い

「カネツケイワイ」。結婚式、いわゆる祝儀の前日に行われた嫁方の行事。この後からおはぐろを付けていました。

出立(でだ)ち

「デタチ」。嫁は家を出るとき、「デタチ」の膳(ぜん)につき、仏壇(ぶつだん)に手を合わせ、先祖(せんぞ)の霊(れい)に出てゆく実家の無事(ぶじ)安泰(あんたい)を祈ります。家を出るときには、洗米(あらいごめ)をまきます。

中宿(なかやど)

「ヨメヤド」とも。嫁方の仲人の家に立ち寄り、化粧(けしょう)・衣装(いしょう)直(なお)しをして一休みします。

祝宴(しゅくえん)

嫁が部屋に入ってから挙式、高砂(たかさご)の謡(うたい)のうちに三々九度(さんさんくど)の夫婦盃(みょうとさかずき)、親子・兄弟固めの盃が終わって祝宴(披露宴)となります。料理や配膳(はいぜん)は、それぞれの地区によって異なるので省略します。祝宴は祝儀の日を含めて通常3日位が普通で、家によっては7日位続くこともあり、花嫁の心労(しんろう)は大変なものがありました。

嫁ふけり

「ヨメフケリ」。祝儀の日に婿の母親が隣(となり)近所(きんじょ)に「嫁がきました、どうぞよろしく」と紹介して回ります。

三(み)つ目(め)

「ミツメ」。祝儀の3ヵ月目で「ハツアルキ」とも。新夫婦と婿方の両親が、嫁の実家へ挨拶に行きました。

初歳暮(はつせいぼ)

初めての年の暮れに鏡餅(かがみもち)(一重(ひとかさ)ね、餅米一斗(もちごめいっと)以上(いじょう))・鰤(ぶり)・酒樽などを持って、新夫婦そろって妻の実家に挨拶に行きました。大風呂敷(おおぶろしき)に鏡餅を背中に負うて行く姿をよく見かけたものです。親が存命中(ぞんめいちゅう)は続けられています。

初正月(はつしょうがつ)

新夫婦そろって嫁の実家へ年頭(ねんとう)の挨拶。両親もそろって行くのが礼儀です。

参考

くらしのあゆみ 阿蘇 -阿蘇市伝統文化資料集-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP