ホーム > 萬松盧跡

萬松盧跡

他藩に範と仰がれた肥後藩藩校時習館の教授で、肥後国学の祖・高本紫溟は天下に知られる歌人、学者を輩出し、また肥後勤王党、敬神党の志士の精神的支柱ともなりました。
紫溟が国学を会得したのは、阿蘇家収蔵の多くの和漠典籍にふれることができたからといわれています。
紫溟が山中に結んだ庵は萬松盧と名づけられ、その跡が阿蘇市一の宮町宮地に残されています。

参考

阿蘇の達人 ~阿蘇をつくった神々と歴史~

カテゴリ : 文化・歴史

このページのURL:

TOP