ホーム > 蛇ノ尾

蛇ノ尾

概要

754.3m

阿蘇市永草の米塚の西北西約1.6kmにある山で立野火口瀬に向かって長く突き出た山容をしています。
これも古い火山です。この一帯で「下野の巻狩り」が繰り広げられたと伝えられ、近くには巻狩りにちなむ土地の名が多く残っています。
植林に沿って造られた防火帯沿いに登ると西側の展望が良く、立野の火口瀬や俵山がよく見えます。
三角点のある頂上から10mほど先には『蛇ノ尾山神』の碑が祀られています。
山神碑の背後には北側の展望がひらけ、北外輪山や内牧さらにはくじゅうの山並みを望むことが出来ます。南東側には米塚やひときわ大きな杵島岳が眼前に迫ります。

※巻狩り…四方を取り巻いてえものを追いつめる狩り。

画像

蛇の尾のような形からその名がついたといわれています。

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP