ホーム > 農林業センサス

農林業センサス

概要

「統計法」に基いて、農林業の総資源量および基本構造の実態とその動向を明らかにし、農林行政の推進に資するとともに、農林業に関する諸統計作成のための基礎資料を整備することを目的として行われる調査。
わが国の農林業センサスは昭和25年(1950)FAO(国際連合食料農業機構)が世界的規模で提唱した1950年世界農業センサスに参加、実施したのが最初です。その後10年毎に世界農林業センサス、その中間に当たる5年目ごとにわが国独自の農業センサスが実施されています。1980年に行われた世界農業センサスでは、農業事業体、農業集落、林業事業体、林業地域に関する4つの調査が行われました。
調査の企画設計は農林水産省統計情報部が行います。調査は調査員がすべての農家、林家、協業経営体、会社などを対象に面接し、聞き取るという方法で行われました。調査結果は国、都道府県、市町村をはじめ旧市町村、農業集落単位にも集計し公表されています。

統計

2010年の統計情報


カテゴリ : 行政
索引 :

このページのURL:

TOP