ホーム > 迎平古墳群

迎平古墳群

概要

阿蘇市一の宮町手野字迎平、橋詰、的場に分布する古墳群です。地元では「六ッ塚」と呼ばれています。かつては八基以上の古墳が分布していたそうです。
発掘調査は行われませんでしたが、1~3号墳は直径約25㍍の円墳(迎平)、4号墳は水田中に封土の残丘が見受けられます。主体部は箱式石棺で、5号墳(橋詰)は、県道の横にある直径20㍍、高さ3㍍の封土をもつ円墳です。
横穴式石室の一部が露出しています。6号墳(的場)は昭和50年(1975)にはほ場整備により破壊され石材が集められています。7号墳は明治年間(1868~1912)に消滅。主体部は石棺だったそうです
8号墳は昭和28年畑地耕作中に石棺が露出し、直刀が出土したそうです。6号墳から出土した鏡(画文帯環状乳神獣鏡)は、宇土郡不知火町国越古墳のものと同型でした。
中通古墳群とともに阿蘇谷を代表する古墳群です。


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP