ホーム > 阿蘇のお米

阿蘇のお米

品種別

コシヒカリ

生産初年  昭和31年/福井県農業試験場
 
特徴  主産県の新潟では、平坦地・中山間地に適します。
    いもち病に弱く倒伏しやすい。
    粒形は小~中、光沢・品質・食味とも良い。
 
備考  全国の米作付面積の1/3以上を占めており、人気が高いのがわかります。「越の国に輝く」という意味で「コシヒカリ」という名を付けました。

ひとめぼれ

生産初年  平成3年/宮城県古川農業試験場
 
特徴  光沢、色沢が美しく極良食味である。
    耐冷性は極強である。
    粒形は中、やわらかい食感である。
 
備考  コシヒカリに次いで全国の米作付面積の第二位になっています。出会った途端に一目惚れする、ような品種であることから名を付けました。

ヒノヒカリ

生産初年  平成元年/宮崎県農業試験場
 
特徴  宮崎県では普通期栽培地域に適します。いもち病、白葉枯病にやや弱い。
 
備考  「ヒノ(陽の)」は西日本、九州地方を表わします。待望の良食味品種であり、その飯米は光り輝くことを表現しています。全国の米作付面積の第三位。

森のくまさん

生産初年  平成8年/熊本県農業研究センター
 
特徴  白葉枯病抵抗性は中、いもち病にはやや弱い。耐倒伏性はやや弱い。粒形は中、光沢は良。
 
備考  熊本県で生産され、また熊本は森の都であることから、「森」、「熊」、「産」を取り命名されました。

画像


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP