ホーム > 阿蘇国立公園

阿蘇国立公園

1986年9月10日阿蘇くじゅう国立公園へ名称が変更されました。

概要

昭和9年(1934)12月4日指定。総面積72,492㌶。このうち熊本県にかかる面積は54,368㌶。関係市町村は菊池市、菊池郡旭志村、大津町阿蘇郡一の宮町、阿蘇町、南小国町小国町産山村、波野村、高森町、白水村、久木野村、長陽村の1市12町村。活火山・阿蘇とその北に続く大分県の九重山群、鶴見岳、由布岳一帯が公園の区域となっています。阿蘇山は、東西約18㎞、南北約24㎞、周囲約128㎞といわれる大きなカルデラを持つ複式火山で、カルデラの中央には、高岳(1592㍍)を最高峰とし、現在も活発に活動を続けている中岳、岩峰と森林に覆われた根子岳、草原状の烏帽子岳杵島岳の「阿蘇五岳」をはじめとして、往生岳楢尾岳夜峰山草千里、米塚などの集合する中央火口丘があります。中央火口丘のすそ野の北側に阿蘇谷、南に南郷谷と呼ぶ火口原が広がっており、ここに6つの町村、約53,000人が生活をしている。またこれらを取り巻くように外輪山があり、内壁は切り立っていますが、外側はなだらかな草原が広がっています外輪山内部には、北向山や狼ヶ宇土などの原生林が残存しているほか、稜線には大観峰、城山、兜岩、清栄山、御成山などの好展望地に恵まれています。外輪山のすそ野には西日本一の清流を誇る菊池渓谷があります。このほか公園には内牧、湯の谷、地獄、垂玉、栃木、戸下などの温泉が点在するほか、阿蘇谷の宮地には阿蘇開発の祖神・健磐龍命を祀る阿蘇神社があります。また、広大な草原では牛馬の放牧も見られます。

1934年12月4日阿蘇国立公園として指定される。
1953年9月1日大分県の由布岳、鶴見岳、高崎山一帯の拡張
1956年5月1日高崎山が分離、瀬戸内海国立公園へ振替
1964年6月25日やまなみハイウェイ、「有料道路別府阿蘇道路」供用開始。
1986年9月10日阿蘇くじゅう国立公園へ名称変更。
1994年6月25日やまなみハイウェイ、料金徴収期間満了→無料開放。


カテゴリ : 行政
索引 :

このページのURL:

TOP