ホーム > 阿蘇地域振興デザインセンター

阿蘇地域振興デザインセンター

概要

平成2年5月に旧阿蘇郡12ヶ町村と熊本県が基金を出捐し、その運用益をもとに、地域全体が「自立自興」の精神を掲げ、恵まれた自然、景観との調和を図りながら魅力ある地域の振興を図る組織。基金の増額に伴い、地域振興、観光振興、環境・景観保全、情報発信「へと取り組みは発展し、九州中央部に位置し熊本県の宝である「阿蘇」を活性化させる実績は各方面から注目され、評価されてきました。

中期計画

豊かな自然による世界ブランドの確立

地域の元気再生による地域力向上

広域連携による競争力のある観光地づくり

沿革

年月沿革
1990年5月阿蘇地域のあるべき姿を提示しつつ、その方向へ個々の開発や振興策を近づけていく行動ある主体としての期待を担って(財)阿蘇環境デザインセンターが設立される。(基本財産2億4千万円)
1996年4月全国公募により初代事務局長に若井康彦就任。
1998年6月広域的な地域振興センターおよび観光振興センターとしての機能を併せ持つ「阿蘇ビューロー(仮称)」の設置構想を受け、改組拡充を機に名称を環境デザインセンターから地域振興デザインセンターに変更。
2001年2月若井康彦事務局長の辞任を受け、小国町(財)学びやの里事務局長の江藤訓重が非常勤事務局長となる。
2002年10月事務局長の全国公募を行い、福岡県星野村(財)星のふるさと専務理事の坂元英俊が事務局長に選出される。
2012年10月事務局長の全国公募を行い、國谷恵太が事務局長に選出され着任。
2013年4月3月19日知事認可を受けていた公益財団法人に4月1日登記。

デザインセンターの履歴

平成2年5月熊本県と阿蘇郡12か町村の出資によって「阿蘇環境デザインセンター」が設立される
平成5年度熊本県策定の「阿蘇国際高原リゾート基地整備構想」を受け、観光・リゾートに積極的に取り組む
平成8年度広域的な地域振興、観光振興機能を併 せ持つ「阿蘇ビューロー」が構想され、平成10年度より「阿蘇地域振興デザ インセンター」に改組拡充
平成13年度「阿蘇地域振興策」を策定し行政と民間の協働による事業を推進する
平成14年度「スローな阿蘇づくり・阿蘇カルデラ ツーリズム」にこれまでの諸事業を統合し、事業運営の事務局機能を高めていく
平成19年度九州新幹線全線開通に合わせたツーリズム博(「ゆるっと博」)開催、世界文化遺産及びジオパーク登録を目指す

基本方針1

豊かな自然による世界ブランドの確立

~阿蘇草原の維持・管理~

中核事業実施事業主な事業内容新規・継続・拡充事業期間実施場所
① 阿蘇草原維持・再生草原再生PR事業・草原維持再生の企画立案、執行管理のための体制づくり(専任職員の配置)
・草原・あか牛PR(情報発信、イベントの開催)
新規H24~H28 年度阿蘇全域
野焼き支援事業・景観・観光面からの野焼き支援
野焼きの観光化(旅行商品等の開発等)
新規H24~H28 年度阿蘇全域
あか牛振興事業・草地活用の促進(放牧の促進、遊歩道の整備等)
あか牛の普及・販路拡大
新規H24~H28 年度阿蘇全域
阿蘇ジオパーク世界認定、
世界文化遺産登録
阿蘇ジオパーク世界認定と事業推進阿蘇ジオパーク推進協議会の運営・支援
・世界ジオパークネットワーク加盟認定に向けた活動
阿蘇ジオパーク推進室の体制強化
・阿蘇ジオパーに関する情報発信と普及活動
阿蘇ジオパークを学術的に紹介する公式ガイドブックの発行など
継続H24~H28 年度阿蘇全域
阿蘇環境デザイン策定事業・景観法に対応した景観計画策定及び景観条例の制定支援
・歴史的・文化的地域の保全継承活動の支援
・阿蘇草原再生協議会観光小委員会の運営
・阿蘇グリーンストック活動との連携
・世界文化遺産登録に向けた活動
継続H24~H25年度阿蘇全域

基本方針2

「地域の元気再生による地域力向上」

中核事業実施事業主な事業内容新規・継続・拡充事業期間実施場所
①地域資源を活かした振興策の取組み地域元気再生支援事業・伝統行事再生に向けた取り組み支援
・地域マップ・パンフレット作成 ・移住・定住を促進する地域の拠点づくり支援
・地域イベントの支援
・地域資源を活かしたコミュニティビジネスの開設等
・空き店舗を利用した商店街の活性化
・特産品の開発、販売促進等
拡充H24~H28 年度阿蘇全域
② 地域人材育成と情報発信事業地域人材育成及び情報発信事業・地域リーダーの育成 (地域リーダー育成研修会など)
・情報発信事業 季刊誌(ASO 大陸) 年報(WAVE) HP、阿蘇ナビ、ラジオ番組、事業報告書
継続H24~H28年度阿蘇全域

基本方針3

「広域連携による競争力のある観光地づくり」

中核事業実施事業主な事業内容新規・継続・拡充事業期間実施場所
① 地域づくり型観光の取組み阿蘇カルデラツーリズムの推進・コンシェルジュ育成、パビリオンの拡大とメンテ ナンス
・阿蘇エコツーリズム協会及び自然案内人協会の運営・支援
・グリーンツーリズム・阿蘇カルデラツーリズムの推進
・地域づくりワークショップの実施
・各観光関係団体や関連施設などの連携
・JR九州、各バス会社、南阿蘇鉄道、航空各社との連携による旅行商品の創出、レンタサイクルの運用など
・ウエルカム阿蘇くじゅう&滞在機能化大作戦(受入外国語講座など)
・阿蘇くじゅう観光圏プロモーション活動等
・東アジアの観光拠点受入整備(案内サイン、パンフレット等の多言語化)
継続H24~H28年度阿蘇全域

機構図

所在地情報

北緯32° 56′ 19.4″ 東経131° 06′ 51.1″(60進法表記)
〒869-2612 熊本県阿蘇市一の宮町宮地2402
google Map

画像


カテゴリ : 阿蘇の施設
索引 :

このページのURL:

TOP